リアエプロンが・・・

前へ | HOME | 箱スカTOP | 次へ

 

ほんとお見事!と言いたくなるほど腐ったリアエプロン。

簡単にマイナスドライバーが突き刺さります・・・(泣)

はじめは、FRPで補修しようかと考えましたが、錆を取ったら鉄板がなくなってしまいそうで・・・。

純正部品が出ていたので、思いっきり外す事にしました!

そして、初めてのボディ溶接部の解体作業開始!

リアエプロンは、スポット溶接で取り付けてあるため、その溶接部分を外します。

普通の先のとがったドリルでもむと、鉄板が薄いので穴が開いてしまいます。

そこで、先端を平らに研磨したドリル(実際はちょっと細工がしてありますが)でスポット溶接部分をもんでやります。

このドリルで、外したい部品側からスポット溶接部分をもんでやると、本体の方には穴が開かずに部品だけ取れる!

ということになります。

さて、うまくいくかな?

ギュイーン!

 

 

あれ〜っ?

 

 

カンカンカン!

 

 

 

ドンドン!

 

 

グリグリグギグギ!ガザッ!

ギャハハハハーッ!

スポットドリルを使うほどの事もありませんでした!

ほとんど朽ち果てていた為、

マイナスドライバーで、カンカン!

手で、ドンドン!

残りの部分を手で、グリグリグギグギ!

っとやったら、ガザッ!

取れました!(爆)

もう鉄板が錆びているのではなく、錆が固まっていると言った方がいいような状態ですね!

 

笑っている場合じゃね〜ぞ・・・。


前へ | HOME | 箱スカTOP | 次へ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー