フロントマスクが・・・

前へ | HOME | 箱スカTOP | 次へ

 

腐りまくっていたリアエプロンですが、フロントマスクは・・・。

やっぱり!

簡単にドライバーが刺さります・・・(泣)

そして、よ〜く見るとフロントマスクの表面は凸凹になってました。

はじめは、クッションペイントのような物が塗装してあるのか?と思ってましたが・・・。

間違いなく錆で塗膜が浮いている物でした!

こりゃやっぱり外すしかないな〜・・・。

そこで今度こそは、スポット外しのドリルが登場!

今度はちゃんと使用して、フロントマスクを外しました。

フロントマスク下半分は、やはり腐ってました・・・。

FRP補修できるレベルじゃありません。

それよりも何よりも、このフロントマスクが取り付いている第一メンバーがとんでもない事に!

今まで見たことも無いような幸せ!

それがこれだ〜っ!ワン・ツー・スリー!

そして、バンパーブラケット付近は、

もう形がありません・・・(号泣)

とりあえず、過去予想図を。

左下部分です。

朽ち果てて部分的に無くなっています(泣)

そして、下部分は全体的に錆が進行し、板のところどころが薄くなり透けているのが分かります。

 

ここも左部分です。

バンパーブラケットが取り付いている部分ですが、ちょうどフレームと接合させる部分も朽ち果てています。

フレームの中には、錆びて崩れたカスが沢山入っています。

 

右側は、下の三角形の部分が完全に朽ち果てて無くなっています。

 

これだけ錆が進行していると、とりあえず錆を落とせば、その時点で下側は確実になくなると思います(汗)

上側は下ほど酷くはありませんが、やはり錆は多いです。

上も錆を落とした時点でどれだけ母材が残るか・・・。

 


前へ | HOME | 箱スカTOP | 次へ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー