フェンダーが・・・

前へ | HOME | 箱スカTOP | 次へ

決して手は出すまいと誓ったフェンダー。

下から覗くと、まるで「外せるもんなら外してみろ!」と挑発しているかのような朽ち果てたボルト。

ここまで朽ち果てるともはや回す事は出来ない。

う〜〜〜〜外したいーっ!レンチをかけるが回らない〜っ!当たり前だが・・・。

削ればいいんだ!ギュイーン!

取れた!

ハッ!やっちまった・・・。手を出してしまった・・・(馬鹿)

こうなったらやっちまえ〜っ!

パカッ!

おっ!中は思ったより腐食は無いな〜。

まぁもちろん錆はありますが、腐って穴が開いていると言うような感じではありません。

フェンダーも思ったより腐食は少ないかな?

と思ったその瞬間、無残にも夢と希望が一緒に崩れ去った・・・(泣)

もうこうなったらやるしかない!とフェンダー下部の表側も削ってみた。

すると・・・。

既に一度鉄板溶接して補修してあったようだ。

だが、錆を一緒に封じ込めてしまったからか、また錆が増殖し形がなくなってしまったようだ。

いつもこの下の部分、ドアを閉めてもかなり出っ張っていて違和感があった。

変形してんのかな?と思ったら、サーフライン下側ほぼ全体の表面にパテが8mmほど盛ってあった・・・(汗)

こんなに盛ってあるのに段差・凸凹が無いのは仕上げがうまいんだろうな(笑)

 

でもどうするよ・・・俺。


前へ | HOME | 箱スカTOP | 次へ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー