ブレーキオーバーホール

前へ | HOME | 箱スカTOP | 次へ

 

しばらく不動だった車、もしくはバイクで一番心配なのがブレーキ!

エンジンが調子悪ければ走らないだけだが、ブレーキが利かなければ命にかかわる!

この箱スカは、以前どの様な状態で走っていたかもわからないので、絶対にO/Hするべきと思っていた。

とりあえず状況を確認するため、交換部品も入手しないままブレーキバラしみた。

フロントキャリパー・・・ギエーッ!汚ねー!ダストシールがボロボロ!

リアホイールシリンダー・・・ピストンを抜いたら、ドッヒャー!ばらして良かった!

ドブの臭いがしました・・・(汗)

固着して無いないし錆もない!ヨッシャーッ!

調子に乗って反対側を外したら・・・、

ぎょへーっ!完璧固着!エアーを吹き込んだくらいじゃ外れませんでした・・・(泣)

ホイールシリンダーはASS’Yでまだ供給されているため、迷わず新品を購入しました。

こうなると、かなりやばそうな気配を感じたため、マスターシリンダーも外してみることにした。

ブレーキオイルが減りすぎているのが気になっていた。

ブレーキパイプを外すときは、やっぱりフレアナットレンチを使いましょう!

スパナではなめそうな時でも簡単に外れます!

そしてマスターシリンダーを外すと、やっぱり・・・。ガ〜ン!

シールが完璧にいかれてしまい、マスターバックの方までブレーキオイルが流れ込んだと思われる。

世にも恐ろしい光景でした・・・。

マスターシリンダーはリペアキットがまだ入手できる。

だが、マスターバックは基本的に非分解構造みたいなのでリペアパーツも無く、しかも製廃らしい(泣)

ここまで酷くなると、いずれ機能しなくなるかも・・・。

そんな時、ヤフオクで「箱スカ用マスターバック新品」というものが出品されていた!

しかも高くない!希望落札価格が設定されていたので、すかさず落札!

でも何で安いんだ?誰も買わないんだ?そう思いながらも到着をウキウキしながら到着するのを待っていた。

これが後に大変なことになるとは・・・。

 

まずはマスターシリンダーのリペアキットを購入し、O/Hに取り掛かった。

でも取り掛かったのはオークションで入手した別のマスターシリンダー(笑)

この箱スカに付いていたのは、アルミが粉を吹いたようになっていたので予備で購入していたのだ。

オークションで購入したのは外観が綺麗で安かったためこれをつけようと思っていた。

だがこれが失敗だった・・・。

ピストンを抜いてみると、シリンダーの内部が巣を食った状態だった!やられた〜・・・。

まさに安物買いの銭失い・・・。

仕方がないので恐る恐る粉吹きのマスターシリンダーをO/Hすることにした。

外側は汚いが、内側は全然綺麗であった!これなら使える!

一生懸命表面も磨きO/Hに取り掛かった。

自動車のマスターシリンダーは初めてのO/H。

タンデム型のマスターシリンダーだし、Fディスク・Rドラムをどうやって制御してるんだ?

この機会だからばらしながら観察してみた。何とか構造は理解で来ました(笑)

そしてマスターシリンダーO/H完了!

 

そしていよいよマスターバックの交換。

だが交換する以前に、マスターバックが外せないのだ!

ステアリングシャフトの奥に手が入らないのだ!

しかもラチェットのハンドルも入る気配がない・・・。

そこで、箱スカ乗りの諸先輩方(笑)に聞いてみたが、マスターバックの交換に苦労した記憶は無いとのこと。

しかも特殊な工具を使った記憶も無いと・・・。

おかしい。俺のはどう考えても手が入らない!

そんな時、ある工具を自分が持っていたのに気がついた!(遅すぎ)

バイクのマフラーのボルトの着脱が楽なように、首振りの長いTレンチを持っていたのだ!

これを使ったら、あらま〜あっさり外れちまった(笑)

結局、なぜ外せなかったかと言うと、この箱スカのステアリングシャフトは衝撃吸収タイプ(だったかな?)らしい。

シャフトが芋虫みたいになっているので、その分普通のステアリングシャフトより径が太いため、作業スペースが狭くなったようだ。

こんなつまらないことで悩んでいたのは馬鹿みたいだったので、早くマスターバック交換してしまおう!

そして、マスターバック取り付け完了!

よし!マスターシリンダーを取り付けて   ・ ・ ・  あれっ?

マスターシリンダーが取り付かない・・・。浮いてしまう・・・。

あれっ?マスターバックがガタガタ動くぞ!ちゃんとナット締めたはずなのに・・・。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!物が違う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!

マスターシリンダーのピストンを押すプッシュロッドが長すぎるじゃないか〜っ!

これが原因で、マスターシリンダーが浮いていたんです!

 

それと、マスターバック本体をボディに取り付けるボルトのネジが切れていない部分が長すぎる!

なのでナットを締めても固定できないで浮いていてのだ!

そしてブレーキペダルを固定する部分のボルトも長すぎる!

ガク〜ン・・・。いや落ち込んでいる場合ではない!

そこで一句

「付かぬなら つけてみせよう マスターバック」 (字あまり爆)

 

先端の長かったプッシュロッドは、古いものと交換する。

だが、ネジが長すぎるので約7mm程度カットして装着する。

 

そして、スタッドボルトのネジが切っていない部分にはSUSのスペーサーを製作した。

実際は、マスターバックをボディに取り付けた後、室内側からナットの下にこのスペーサーを入れる。

これで完璧でした!パチパチ!

 

しかし「箱スカ用」として販売されていたこのマスターバック。

箱スカ用ってのは、改造して使用ってことなのか?

恐るべし箱スカワールド(笑)

 

あ〜やっとだよ!やっと終わったよ〜っ!

ブレーキ関係の作業内容
1.マスターシリンダーO/H
2.マスターバック新品改造取付け
3.キャリパーO/H
4.ホイールシリンダー新品に交換

その他もちろん掃除・点検・錆落とし(爆)はやりましたが。

もうブレーキ関係ほとんどやっちまったので、かなり信頼性が上がったと思われます。

ホース類は、予想以上に状態が良かったので、しばらくこのままで様子見てみます。

車のエア抜きは始めてやりました。 あっち行ってこっち行って・・・。

エア抜きするところが多すぎるぞこの野郎!(爆)

ペダル踏んでも手は届かないし(当たり前か)。

昔買っていたワンマンブリーダーを使ってやったが・・・。

でも結構エアを吸い込むから、バイクでも使ってなかった(笑)

今度はワンウェイバルブが欲しいな〜!

ブレーキのタッチは、ブレーキO/Hする前よりも格段に上がった!(爆)

いかに前の状態が悪かったかがわかる。

不安だから、今度は助っ人呼んで二人作業でもう一度エア抜きしてみよう!

しかし、ブレーキかけていない状態だとこんなにくるくる回るのかと感動してしまいました!(爆)

これで燃費も良くなることでしょう! 走ったことありませんが・・・(汗)


前へ | HOME | 箱スカTOP | 次へ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー