はじめに

TOP | 次へ

 

中学のころ、テレビで放映されたMADMAXをビデオに録画し、何度も繰り返し見ていた。

まだバイクも乗ったことが無いのに、グースのホイールスピンに憧れ、ちゃりんこに乗り砂の浮いた路面でホイールスピンにチャレンジし、”キュイーン”と口で言いながら、走っていた記憶がある。

レンタルビデオが出回ったころに、思い出したようにビデオを見て”カッコイイ!”といっていたが、現実的ではないためグースのバイクをつくろうとは思わなかった。

グース製作を意識するようになったのは、Z2を所持しZ1をレストアしている最中であった。

雑誌か何かで、ホワイトハウスのグースレプリカを発見したそのときである。

Z1&Z2は私の場合、4本マフラーの美しさ、何ともいえぬデザイン的なバランスの良さから、あえてフルノーマルにこだわりレストアしていた。

しかし、基本的に改造大好きなため、グースレプリカが心に引っかかっていた。

 

年月が経ち、バイク乗りのかみさんと結婚。昨年、念願の子供ができた。

その子には、Z2を乗せてあげようと決意。大きくなるまでベストコンディションを維持していきたい。

しかし、ひょんなことからかみさんが、大型2輪免許を取得してしまった。

子供がZ2に乗るのは、少なくともまだ十数年先。それであればと、Z2はかみさんにあげてしまった。

そうか、うちの子のバイクが無くなってしまった。どうせだったら、Zを乗せてあげたい。

しかし、十数年先にZが手に入るであろうか?今のように部品が簡単に入手できるであろうか?かなり不安になる。

もうしょうがないから、もう1台買ってしまおうか。いや買わなくてはならない。と、もう一人の自分がいう。

Z1は、アメリカ市場ではかなり玉数が少なくなってきていると聞く。しかし、またZ1というのも芸が無い。

全シリーズをレストアしようかと言う声も頭の中で聞こえてくる。

もしくは、フルチューンのZを製作しようか。もし、すごくいいマシンができたとしても、もう腕がついていかない。公道は怖くて飛ばせない。

 

とりあえず、オークションでベース車両を探す日々が続いていた。

そんなときに、ホワイトハウスのグースレプリカが出品されていた。これだと思ったがゼファーベース。踏ん切りがつかない。

ホワイトハウスのHPを検索し、グースレプリカが出ていた。しかし、人に作ってもらうのはつまらない。

Z1をレストアした時は、確かに金がかかった。工賃は一切払ってないのに、今の新車1台買えるほどの金額の部品代として飛んでいった。

それを考えれば、おんぼろz1000を入手すれば、グースが作れるかも・・・。

そんなときに、後輩の知り合いがホワイトハウスのグースレプリカを持っているという情報を得る。

なんだとーっ!悔しい!近所にグースがあるなんて。それがかたぎやのアラセさんだった。

近所にあるのならば、面白くない。もう別のバイクにしようかと思い始める。

そんなとき、Mr.BIKEに ”M.F.P. CLOTHING BRANCH” の広告が、速攻でHPにアクセス。

”世界で1台のz1000グース” クソッ!またもややられた。世界で1台だと!?

よく見ると、”あっ、あそこが・・・。あっ、ここも・・・。”と自分の記憶とラップさせ、妄想が始まる。

・・・あきらめられない。俺が作ったら・・・・。

そんなときに、z1000不動のバイクをオークションで発見。かみさんに交渉数日。

オークション終了時間30分前に了承を得る。無事に落札。

まだどうするとも決めていないのに、ベース車両を手に入れてしまった。

 

さあ、ここからが、z1000グース製作物語のはじまりである。・・・?

もう始まってたのかな?まっ、いいか!

 

TOP | 次へ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー